マイクロソフト純正VDI 「Windows Virtual Desktop」
~WVDの特徴~

1. スモールスタートによるスピード導入と、
必要に応じた柔軟な拡張性

クラウドのメリットを活かし、初期コストを抑えて一部の部門からスモールスタートすることが可能です。

また、有事の際や全社導入の際など、柔軟なリソースの拡張も容易に行えます。

柔軟な拡張性

2. 自宅からの接続はインターネット経由、
端末にはデータを残さない

自宅や出張先等どこへいても、インターネット環境があれば接続可能です。

仮想マシンはクラウド上で稼働し、自宅の端末上にデータを配置しないため、万が一PCの紛失や盗難、故障が発生してもデータ漏えいの心配はありません。

柔軟な拡張性

3. 1台の仮想マシンに複数ユーザーを収容する
唯一のマルチセッション

WVDは、“マイクロソフト純正”の強みを活かし、Windows10のマルチセッションを提供する唯一のサービスです。

これにより、1台の仮想マシンに対して、複数ユーザーが接続することが可能になった為、仮想マシンリソースを共有でき、コスト削減を見込むことが可能となります。

また、クライアントOSはWindows10に接続する為、各アプリケーションとの高い互換性を保つことが可能です。

マルチセッション

4. Office365やTeams等、Microsoft製品との親和性が高い

数あるサービスDaaSサービスの中で、マイクロソフト社純正のDaaSであるWVDは、Windows10やOffice365、またテレワークに欠かせないTeamsなど、同社の製品と最も高い親和性をもちます。

5. セキュリティレベルの統一化と運用管理の簡素化

管理プレーンはMicrosoft社が管理するため、情報システム部門の運用負担を軽減します。

また、全てのデスクトップ環境の一元管理により、セキュリティレベルを強化・統一できます。

OSのパッチ更新、ソフトウェアアップデート等、運用管理の手間が簡素化されることによるコスト削減、そして、PCライフサイクルを踏まえた、長期的な運用管理業務の効率化を実現することが可能です。

セキュリティレベルの統一化と運用管理の簡素化

6. 個別の環境が必要な場合は、仮想環境を増やす(分ける)ことで個別対応が可能

例えば、CADシステムを利用するヘビーユーザーや、部門により個別の環境が必要な場合には、ホストプールと呼ばれる仮想マシンの集合を分けることにより、複数の環境を構築できます。

複数の環境を構築

このサービスのお問い合わせ

関連コンテンツ