マイクロソフト純正VDI 「Azure Virtual Desktop(AVD:旧Windows Virtual Desktop)」
~セキュアで柔軟なテレワーク環境をスピーディーに構築します~

Azure Virtual Desktop(AVD)とは?

マイクロソフト社がクラウド(Azure)上で提供する包括的なデスクトップおよびアプリ仮想化サービスです。

Office365やTeams等Microsoft製品との親和性が高いのはもちろん、1台の仮想マシンに複数ユーザーを収容し、Windows10マルチセッションを提供する唯一のサービスです。

その他、他社のDaaSにはない独自の特徴を有し、国内・海外での導入も増えている注目のサービスです。

AVDの利用イメージ

「いつでも、どこからでも」インターネット環境があれば場所や端末を選ばずに同一のオフィス環境(デスクトップ 環境)に接続できます。

自宅のPC、タブレット、スマートフォンからも利用可能です。

データはクラウド上に保存し、接続元の端末にはデータが残らないため、端末紛失時等の情報漏洩リスクや故障時のデータ紛失のリスクを低減することが可能で、安心、安全なデスクトップ環境を提供します。

AVDご利用イメージ

AVDの利用シーン

お悩み・ご要望 AVD活用シーン
テレワーク環境を整えたい! 在宅勤務、出張先、サテライトオフィスでのリモートワーク用環境を提供します。
柔軟な働き方を社員に提供したい! 柔軟な働き方の実現が、優秀な人材の確保、遠方在住者の採用強化、社員の離職防止に繋がります。
BCP対策を強化したい! クラウド上でのBCP環境整備により、災害やパンデミック等、有事の際でも従業員の安全性を確保しながら業務を継続できます。
PC管理に関わるIT担当者の負担を軽減したい! PCセットアップ、セキュリティ対策、OSアップデート、PC更改等、IT担当者の負担を軽減できます。
VPNによるテレワーク環境を改善したい! 情報漏洩リスク(個人端末へのデータ保存)や帯域逼迫(レスポンス遅延)等の課題をAVDが解決し、安心・安全・快適なテレワーク環境を提供します。
社用PCとタブレットの二重持ちを解消したい! 販売拠点の営業員等、タブレットでは制限されていた業務システムへのアクセスを可能とし、業務効率化を実現できます。
国内/海外を問わずに業務環境にアクセスしたい! AVDは世界中にあるAzureリージョンに対応しており、各拠点に近いリージョンへ接続することにより海外でも快適に利用できます。
一時利用PCの環境構築負荷を軽減したい! 頻繁な人の入れ替わりや一時的な増員に伴うPCキッティング作業等の負荷を軽減できます。ユーザー数の増減にも柔軟に対応できます。
システム開発プロジェクト環境をAVDで構築したい! アプリケーション開発プロジェクト等の開発環境用クライアントとして提供可能です。またRPA試験用の端末としても利用可能です。
CAD利用者のテレワーク化を進めたい! AVDでは、NシリーズというGPU搭載仮想マシンが利用可能です。これを選択すればCADなど高いグラフィック処理性能と演算処理性能が必要な業務にも、安心で快適なテレワーク環境の提供が可能です。
Windows7を継続利用したい! 一部の業務にてWindows7環境が必要な場合、AVDから接続することで、2023年1月まで、無償の拡張サポートを受けることが可能です。

AVDの主な特徴

  • 特徴1. スモールスタートによるスピード導入と、必要に応じた柔軟な拡張
  • 特徴2. 自宅からの接続はインターネットでOK。端末にデータが残らない
  • 特徴3. Office365やTeams等マイクロソフト製品との親和性が高い
  • 特徴4. 1台の仮想マシンに複数ユーザーを収容する唯一のマルチセッション
  • 特徴5. セキュリティレベルの統一化と運用管理の簡素化
  • 特徴6. 個別の環境が必要な場合は、仮想環境を増やす(分ける)ことで個別対応が可能

詳しく

AVDのライセンスについて

次のいずれかのユーザーライセンスをお持ちの場合、Windows Virtual Desktopの利用に追加のライセンスは不要です(以下に含まれております)。

ホスティングされる
仮想デスクトップOS
必要なライセンス
・Windows 10 Enterprise
マルチセッション/シングル セッション
・Windows 7 Enterprise
シングルセッション
  • Microsoft 365 E3/E5
  • Microsoft 365 A3/A5/Student Use Benefits
  • Microsoft 365 Business Premium
  • Windows 10 Enterprise E3/E5
  • Windows 10 Education A3/A5

AVD構築の流れ

最短2週間でAVD環境をご提供可能です。お気軽にスモールスタートでの試用をご検討ください。

構築環境の確認 ≫ Azure環境構築 ≫
(現在環境をご利用でない場合)
AVD環境構築 ≫
※ライセンス購入
動作検証 ≫ 各種運用設定 ≫
・既存環境の確認
・構築対象リソースの確認
・Azure仮想ネットワーク
 環境構築/設定
・外部接続ルーティング設定
・オンプレミス環境とのVPN
 接続
など
・事前準備
・AVDホストプール作成
・AVDホストプール設定
・イメージ作成/
 デプロイ
・利用ユーザー登録
・ユーザープロファイル
 ストレージ環境構築
※お客様との共同作業 ・仮想マシン起動/停止
 スケジュール設定
・仮想マシン動的スケー
 リング設定
・モニタリングツール設定
・Windowsパッチ自動更新
 設定

Advanced Specialization を取得

CACは2021年3月、マイクロソフトのクラウドVDI(仮想デスクトップ基盤)である「Windows Virtual Desktop(当時。現Azure Virtual Desktop)」分野において「Advanced Specialization」を取得しました。

今回の取得は、CACがMicrosoft Azure上でのAVD導入について、専門知識と顧客対応の豊富な経験を有することを示すものです。

■Advanced Specializationについて

「Advanced Specialization」は、マイクロソフトのGoldコンピテンシーパートナーのうち、特定のソリューション分野で特に高度な専門性を有するパートナーであることを第三者機関の審査を経て認定する制度です。
詳細は下記ホームページをご参照ください。
https://partner.microsoft.com/ja-jp/membership/advanced-specialization/

Azure Virtual Desktop(AVD)コラム

AVDについて豊富な専門知識と経験を持つCACの技術者によるコラムで、AVD導入や活用に役立つテーマを取り上げてご紹介しています。

最新のコラムは下記をご覧ください。

AVDコラム一覧へ

導入事例

PoCの導入から全社導入、海外拠点での導入、DR環境でのAVD活用など、幅広い導入事例があります。

また、CACでもAVDを全社導入しています。

導入事例 アステラス製薬
(日本マイクロソフトのページへ)

Azure Virtual Desktop(AVD)用語集

Azure Virtual Desktop(AVD)に関わる用語をピックアップしてまとめています。

詳しく

「VDIを使ったリモートワークを検討している」「AVDの特徴やメリットが知りたい」「AVDを利用する際の疑問点を解消したい」などの興味や疑問をお持ちの方、リモートワークの推進を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。

このサービスのお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

関連コンテンツ