年金会計・運用システム・開発事例1

事務量増大への対応ならびに事務品質向上を目的とした、幹事業務の一部である年金会計システムの構築

詳細

開発の目的
  • 事務量の増大によるシステム化領域の拡大によるユーザ負荷軽減を第一の目的としました。
  • 事務品質の向上を図ることで、事務コストの削減を目指しました。
開発の特徴
  • 既存の基幹システムとの連携を重視したシステム構築を実施しました。
    ●年金会計は様々な機能とのインタフェースが発生するため、基幹システムとの連携が最重要でした。
    ●基幹システムは膨大なシステムリソースを抱えていたため、システム機能要件のとりまとめに工夫が必要でした。
開発期間 2年9か月
開発環境  
言語 COBOL Java
OS Windows Server 2003
DB AIX、Windows Server 2003
その他 DB2

一覧に戻る