業務で利用するExcelファイルを各自のPCに保管させず、サーバー上のデータベースで一元管理。
簡単な定義のみで作成できるExcelを利用したWeb帳票ソリューションです。

機能概要

  • WebアプリケーションにてExcelインターフェースを利用、またはExcelファイルをダウンロードして利用します。
  • Excel内の情報はデータベースで一元管理します。
  • 罫線など所定のフォーマットを事前に決定し、データベースより取得したデータを所定のExcelシートに貼り付ける処理をサーバー上で行います。
  • 所定のシートは、テンプレートシート(情報が入っていない状態のExcelファイル)としてサーバーで一括管理します。
  • Webアプリケーションにて検索条件を指定する事により、条件にマッチした情報をデータベースより取得し、テンプレートシートに貼付します。
  • Excel上で行った更新データは、Excelによってデータベースに保存します(Excelファイルをサーバーに保存するのではなく、データのみデータベースに保存します)。

特徴

1、DBよりデータを取得し、単票形式、一覧形式のシートを作成できます。

  • 一覧形式の罫線は取得データ件数に応じて自動的に付与されます。

2、Excelの機能をそのまま使用可能です。

  • 表示内容の印刷に対応
  • 関数の使用に対応
  • VBAの使用に対応(※1)
  • グループ化の使用に対応
  • ピボットテーブルの使用に対応(※2)

3、帳票定義に使用するSQLは、DBのほとんどのSQLに加えて、Excel Web帳票独自の拡張機能を利用できます。

(クリックで拡大画像をご覧いただけます。)
  • 複数テーブルに対応
  • サブクエリに対応
  • 外部結合に対応
  • SUMやCASE文など関数に対応
  • ※1:VBAのフォームは使用できません
  • ※2: ピボット機能の対応バージョンについては、お問い合わせください

このサービスのお問い合わせ

関連コンテンツ