Interview社員紹介
仕事の難易度は
確実に上がりました。
大変だから嬉しいんです。
高橋 勇太
技術が大好きな人は多いのに、
癖のある人が少ないのは驚きました。
―同業からの転職ということですが、CACとの出会いは?

過去に働いていた会社もSIerだったんですが、そこでCACの仕事を受けていたんです。プロジェクトにアサインされて、CACの社員さんと一緒に働いていました。プロジェクト完了後、別のシステム会社を経て転職活動をしていたときに再会したんです。面接してくれたのが今の部署の上司。まさか受かるわけないなと思っていたんですけどね。

―それはなぜ?

僕、けっこう色んな会社を転々としているので、職歴があんまりきれいじゃないんです(笑) 他にも多くの方が面接を受けていたみたいですし。

―でも受かったのですね。

そうなんです。一次面接の次がいきなり最終面接。役員の方が出てきて驚きました。合格の連絡をもらったときは本当に嬉しかったですね。

―これまで働いていた会社とCACの違いについてお聞きしたいのですが。

いちばんに感じたのは働きやすさ。みんな本当に優しいんですよ。技術大好きな人もたくさんいますが、癖のある人は少ない。同業者ならわかると思うんですが、この業界って職人さんみたいな人が多いんです。技術力は高くても、コミュニケーションは苦手なタイプがけっこういる。CACでは、誰かが困っていたら周りが助けるのが当たり前。上司も含めみんな話しやすいですし、支えてくれる人がすぐそばにいるのは本当にありがたいです。

―仕事の内容はどう変わりましたか?

業界を限定せず色んな仕事ができるので、これまでにはなかった新しいチャレンジができていますね。もし将来CACを離れることになったとしても、経験は絶対に活きてくると思います。技術者として、知識と経験の両方を高められるという点はとても魅力的だなと感じています。

仕事の幅が圧倒的に増えた。
それに比例して、やりがいも大きくなりました。
―今はどのような仕事を?

医薬系の会社でインフラの仕事をしています。アクティブディレクトリを使って国内外のユーザーのサーバーへのアクセス権限を管理したり、仮想環境の構築や運用をしたり。仮想環境を使えば、PCの中身が空っぽでもクラウド上の仮想サーバーにアクセスすればいつでも仕事をすることができる。セキュリティの面でも重宝されています。

―前職でも同様の仕事をしていたと聞きました。CACに来て変わった点は?

前職では監視が主なミッションでした。サーバーに不具合があればアラートが鳴るので、その都度問題に対処していた。今は監視ではなく管理を任されているので、お客様が実現したいことをヒアリングし、そのための環境を構築していく。環境が変わることで起きるリスクについても考えなくてはなりません。

―クライアントと直接話すことも多いのですか?

そうですね。今週は月曜と火曜にクライアントの会議に参加しました。システム構築を担当したベンダーがインドの企業だったので、電話で向こうとも繋いでヘッドセットを付けて会議をしたのですが、さすがに緊張しましたね。

―それは大変そう……!仕事のやりがいに変化はありましたか?

仕事の幅が圧倒的に増え、それに比例してやりがいも高まっています。クラウドエンジニアとして、将来を見越してチャレンジしたいと思っていた業務も、経験させてもらうことができました。今週は本当に大変でしたが、それでも「仕事行きたくないなあ」と思うことは一度もなかったですね。

―大変な中でも、前向きに働けているのはなぜだと思いますか?

エンジニアとして成長を実感していることはもちろんですが、何より自分のペースで働ける自由な雰囲気があるからだと思います。仕事がひと段落したら休憩したり、早めに退社する日をつくったりとメリハリをつけて働くことができる。それが成果に結びついていなかったらダメですが、みんなしっかりと会社やクライアントの期待に応えています。

「プライベートでも会ってみたい」。
仲間にそう思ってもらえる仕事を。
―これからのキャリアビジョンは?

自分が会社にもらったものを、しっかりと還元したいなと思います。自分が何をすれば会社や周りの人に貢献できるのか、しっかり考えて仕事をしたい。あとは、同じプロジェクトに入ってくれているパートナー企業の社員さんにも「一緒に仕事できてよかった」と思ってもらえるような人間でありたいですね。

―パートナー企業の方にも?

僕自身、入社は2019年ですが、最初にCACのプロジェクトに参画したのは6年前。プロジェクトが終わった後も、当時一緒に働いていたメンバーとはプライベートでもよく会っていました。一緒に仕事したくない人とは、業務外で会おうなんて思わないですよね。そういう意味で、一緒に仕事できて本当によかった。僕が今一緒に働いているパートナー企業の方にも、そう思ってもらえるような仕事がしたい。「会社に来るのが楽しいな」「CACの仕事は面白いな」と周りに感じてもらえるような人になりたいですね。

Profile
高橋 勇太タカハシ ユウタ
2019年中途入社
アドバンストテクノロジー本部 
クラウドテクノロジー部
前職は2次受けのシステム会社。雇用先の会社からCACのプロジェクトに派遣され、開発を担当していた。プロジェクト完了後、別のシステム会社を経て転職フェアでCACと出会う。そのときの面接官は、偶然にもCACでプロジェクトを担当していた際にともに働いていた社員だった。プロジェクト完了後もCACのソフトボール大会や食事の席など、プライベートで会うことも多かった。その社員は、現在のクラウドテクノロジー部の上司である。
Interview index