IoTとAIでスマート工場化を支援する
「Industrial IoT × AI Solution(インダストリアルIoT × AIソリューション)」

工場などの製造業の現場では、既存のPLC(Programmable Logic Controller)データを始め、センサーデータやカメラの画像データなど、まだ活用できていない多くのデータが存在しています。

CACのIndustrial IoT × AI Solution(インダストリアルIoT × AIソリューション)は、設備の各種センサーから取得したデータを可視化(見える化)するだけでなく、遠隔からの機器監視や機械学習による要因分析、異常検知、予兆保全を可能にします。さらにカメラ画像を用いた外観検査や作業員の動作分析も実現できます。

Industrial IoT × AI Solution
  • クラウドによるサービスの提供が可能です。
  • 「AWS」はアマゾン ウェブ サービス。アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

製造などの現場はこんな課題に直面していませんか?

企業の製造や生産現場における生産性向上や品質管理向上の課題は、IoTとAIを組み合わせることで解決が可能です。

課題1:稼働状況や生産進捗が正確に把握できていない

解決法1:データ収集・可視化

データ収集・可視化

既存のPLCをIoTゲートウェイ(※) に接続し手軽な設定を行えば、クラウド経由でデータを可視化し、リアルタイムで生産と稼働状況を監視することができます。

PLCを接続していない機器に対しては、センサーで機器の振動や温度などの情報を監視・アラートすることも可能です。

 

※CACは、HMSインダストリアルネットワークス(HMS)の販売代理店として「Ewon Flexy」を取り扱っています。

Ewon Flexy

Ewon Flexy

  • 主要なPLCと接続可能な産業用IoTゲートウェイ。PLCから様々なデータを収集することが可能
  • 機器へのリモートアクセスを容易に実現、現場に出向かず遠隔から機械のトラブルシューティングが可能

HMSの産業用VPNゲートウェイ「Ewon Flexy」詳細はこちら

課題2:故障機器のトラブルシューティングに時間とコストがかかってしまう

解決法2:遠隔監視・遠隔保守

遠隔監視・遠隔保守

遠隔監視を利用すれば、現場の状況を事前に把握し、必要な準備を整えておくことで、効率的な保守作業が可能となります。

トラブル内容によっては、遠隔から機械のトラブルシューティングを行うことで、時間とコストを大幅に軽減します。

課題3:不良品発生や機器故障の原因が分からず、事前防止ができていない

解決法3:要因分析・異常検知

要因分析・異常検知

・要因分析
生産工程における大量のデータの中から、不良品発生や品質に寄与する原因を特定し、改善方法の検討を容易にします。

・異常検知
PLCや各種センサーから得られた時系列データを解析することで、正常値や正常パターンからの逸脱や、複数因子の正常な相関関係からの逸脱、といった異常を検知することができます。

課題4:外観検査(検品)作業の作業負荷が高い

解決法4:外観検査AIモデル

外観検査AIモデル

CACは不良品画像が極端に少ない状況下でも、高い精度を実現する外観検査AIモデルを開発しています。

これまで人手で行っていた外観検査を自動化することにより、作業負担を軽減するとともに、人材の最適配置を実現します。

製造の現場で使える画像認識AIを提供

Industrial IoT × AI Solutionでは、画像認識AIを用いることで、製造現場における人的コスト削減などの環境作りに役立てます。

CACは、工場などの製造や生産の現場で使える各種の画像認識AIを開発しており、データ収集、アノテーション、学習、AIモデルの構築、システム化までを一貫して提供しています。

各種画像認識AI活用のコンサルテーションと導入支援を実施します。

CACの画像認識AI

  • 姿勢推定・動作推定
    姿勢推定・動作推定
  • 物体認識
    物体認識
  • トラッキング・動線分析
    トラッキング・動線分析
  • 顔認識
    顔認識

 

CACのIndustrial IoT × AI Solutionは、お客様の現場の状況に即した最適なIoT×AIの技術を活用し、新規や既存の工場におけるスマート工場(スマートファクトリー)の構築を強力に支援します。

Industrial IoT × AI Solution 資料ダウンロード

資料を表示するにはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトよりダウンロードし、インストールを行ってください。ダウンロードは、ここから

資料ダウンロード

関連コンテンツ