マイクロソフト純正VDI 「Windows Virtual Desktop(WVD)」
~WVDの価格体系~

下の表のように、WVDを利用するためには、ライセンス料金、Azureリソースの利用料金、環境構築料金が必要となります。

1. ライセンス費用  
2. Azure稼働費用
 
3. 環境構築費用
2-a.
Microsoft管理プレーン
2-b.
ユーザー管理プレーン
(VM、ストレージ、ネットワーク等)
  • 1. (WVDライセンスが含まれる)Microsoft 365 Business Premium/E3/E5その他を保有されている場合、追加費用はかかりません(下記1. ライセンスについてご参照)。
  • 2-a. Microsoft管理プレーン内のリソース利用料金は、所定のライセンス料金(上記1)に含まれます。
  • 2-b. WVDの稼働量に応じた従量課金となり、主に、仮想マシン(VM)、ストレージ、ネットワークの使用量によって決定されます。
  • 3.  CACによるWVD環境構築初期費用です。

1. ライセンスについて

次のいずれかのユーザーライセンスをお持ちの場合、Windows Virtual Desktopの利用に追加のライセンスは不要です(以下に含まれております)。

ホスティングされる
仮想デスクトップOS
必要なライセンス
・Windows 10 Enterprise
マルチセッション/シングル セッション
・Windows 7 Enterprise
シングルセッション
  • Microsoft 365 E3/E5
  • Microsoft 365 A3/A5/Student Use Benefits
  • Microsoft 365 Business Premium
  • Windows 10 Enterprise E3/E5
  • Windows 10 Education A3/A5

2. Azure稼働費用について

WVD のアーキテクチャは、「Microsoft 管理プレーン」と「ユーザー管理プレーン」の2つに大分されます。

実際に費用のお支払いが必要なのは「ユーザー管理プレーン」内のリソースのみであり「Microsoft 管理プレーン」内のリソース利用料金は(上記)所定のライセンス料金に含まれています。

「ユーザー管理プレーン」のリソース費用は主に、仮想マシン(VM)、ストレージ、ネットワークの使用量によって決定されます。

3. 環境構築費用について

スモールスタートから本格導入まで、各種サービスメニューならびにオプションメニューをご用意しております。

個別のご要望にも応じますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しく

WVD資料ダウンロード

このサービスのお問い合わせ

関連コンテンツ