会社沿革

CACは1966年日本で最初の独立系ソフトウエア専門会社として発足しました。
50周年を迎え、これからも「未来」に向けて成長を続けます。

1966年 日本で最初の独立系ソフトウェア専門会社として株式会社コンピュータ アプリケーションズ(CAC)を設立。
1971年 日本システムサービス株式会社(SSK)に出資し、アウトソーシング・サービス専門会社(日本で最初)として事業開始。
1973年 CAC 100%出資により、システム運用管理とソフトウェア開発の専門会社、株式会社システムユティリティ(SUC)設立。
1986年 システム・コンサルティング・サービスを本格的に開始。
1988年 通産省「システム・インテグレータ登録・認定制度」発足とともに、認定企業となる。
1989年 米国ニューヨーク市にCACアメリカを設立。
1990年 英国ロンドン市にCACヨーロッパを設立。
1994年 CAC、SSK、SUCの3社が合併し、株式会社シーエーシー発足。
1995年 通産省より「特定システム・オペレーション企業等認定」を受ける。
1996年 分散型システムの統合運用管理サービス事業に着手。
1999年 当社株式を店頭登録銘柄として公開。
2000年 株式会社アークシステムの全株式を取得し、子会社とする。
中国・上海市にCAC上海を設立。
東京証券取引所市場第一部に上場。
人事BPOサービスを開始。
2002年 高達計算機技術(蘇州)有限公司の株式を取得し、子会社とする。
株式会社湯浅ナレッジインダストリ(現 ユアサシステムソリューションズ株式会社)に出資。
2003年 株式会社オルビス(現 株式会社CACオルビス)の株式を取得し、子会社とする。
株式会社マルハシステムズ(現 株式会社CACマルハニチロシステムズ)の株式を取得し、子会社とする。
2005年 東京都中央区日本橋箱崎町に本社を移転。
2008年 大阪市に肥後橋オフィスを開設。
2010年 インド・ムンバイ市にCACインドを設立。
2012年 会社分割により、株式会社CACエクシケア(現 株式会社CACクロア)を設立。
2014年 持株会社体制に移行し、持株会社「株式会社CAC Holdings」と事業会社「株式会社シーエーシー」に会社を分割。
2019年 長崎市に長崎センターを開設。