CAC

並木 修

10

アイデアが形になった時の達成感が次の挑戦への原動力

理工学部 機能創造理工学科卒 2014年度入社
ソリューションカンパニー
ソリューションビジネス第三部所属

並木 修ナミキ シュウ

Q1

CACへの入社理由を教えてください

私がCACへの入社を決めた理由は、働く方々の人柄の良さから生まれる温かい空気感に惹かれたためです。一番印象に残っているのは、最終面接で面接官からいわゆる「変化球」な質問を受けたときです。私が回答できず長時間の沈黙が続きましたが、面接官は穏やかな表情を崩さず、ずっと私の目を見続けました。たとえ変化球を打つことができなくても、どう立ち向かうのかという姿勢を見てくれているのだと感じました。先輩方や人事の方も総じて人柄に温かみがあり、それが入社の決め手となりました。

Q2

仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

自分の考えを具現化できたときにやりがいを感じます。あるシステムを使用している際に、保守性・拡張性の観点から改善方法を考えたことがあります。最初は漠然としたイメージしかなくても、熟考していくうちにアイデアが具体化していき、最終的にシステムに落とし込み稼働させることができました。たとえ規模が小さい案件であっても、練り上げたものが形になる瞬間はこの上ない喜びと達成感を得ることができます。そしてその達成感が次の挑戦への原動力となります。

Q3

CACのどんなところが好きですか?

成長できる機会を多く与えられるところが好きです。入社後は集団新人研修に加え、担当の先輩がついてOJTを行います。基本的なIT知識だけでなく、仕事の進め方や社会人マナーなど幅広く学ぶことができます。また新人でなくても、現在私が配属されている自動運転支援システムチームでは、弊社にとって新規領域ゆえに学習カリキュラムが用意されています。私たち社員はそうした機会を活かして次のステップへ進むことができ、成長することができます。

Q4

夢・目標は何ですか?(目指す人物像)

私が社会人としてありたい姿は、常に目標意識を持ち行動できる人です。最終的な到達点に向けて計画性を持ち、いつまでに何をするべきなのかを理解し実践することはそれほど簡単ではないと思います。しかし、そのような意識と行動は、自身のモチベーションアップになるだけでなく、周囲の人々と意識を高め合うための大きな力になると思います。お手本となる先輩方に話を聞いたりしながら、自分も理想とする人物像へ一歩ずつ近づいていきたいです。

MESSAGE

就職活動中の学生へメッセージをお願いします!

自分にとっての「幸せ」の価値は何であるかをよく考えることをお勧めします。就職活動ではまず自己分析が大事だと言われますが、本当にその通りだと思います。仕事は人生の中でもかなり大きなウェイトを占めることになります。自分の仕事と、幸せの価値観との間に大きな差があるのは悲しいことです。自分にとって大切であり譲れないことは何かを深く考えることが必要です。就職活動は辛いことも多いですがそれだけではないので、最後まで頑張ってください。