年金数理システム・開発事例1

ホストマシンで稼働していた年金数理システムのマイグレーション&機能追加開発

詳細

開発の目的
  • ホストマシン上で稼働していたシステムのオープン系システムへのマイグレーションを第一の目的としていました。
  • 長年の保守期間の間に山積したバックログの取り込みにより機能向上を図りました。
  • オープン系システムにマイグレーションすることによる保守コスト削減を目指しました。
開発の特徴
  • 数理システムに求められる以下の特性を考慮したシステム構築を実施しました。
    ●処理量の多い計算エンジンに求められる高い性能要件の実現
    ●数理特有の専門性の高い計算業務のシステム化実現
  • オンライン部分はVB.NET、バッチ部分はMF-COBOLと言語特性を生かしたシステム構成としました。
  • 年金管理システムとのインタフェースも十分に考慮した構成としました。
開発期間 2年
開発環境  
言語 MF-COBOL、VB.NET、VBA
OS Windows Server 2003
DB SQL Server
その他 JP1、HULFT

一覧に戻る