年金管理システム・開発事例2

顧客基金様との情報伝達サービス向上を目的とした既存年金管理システムのWeb化対応(フロントシステム開発)

詳細

開発の目的
  • 顧客基金様との情報伝達サービス向上によるトータルな顧客サービス向上を第一の目的としました。
  • 直接のユーザ部門である年金信託部様の事務コストの削減を目指しました。
  • FB専用端末の貸与に伴うコストの削減を図りました。
開発の特徴
  • 当社ではアプリケーション開発のみならず、インフラ構築、システム運用に至るシステム構築全般を一括で担当しました。
  • 業界の標準的なフレームワークおよび開発標準の採用により、リスクの低減と効率化を実現しました。
  • バックエンドシステムとのデータ連携の汎用性、リアルタイム性を確保しました。
開発期間 1年1か月
開発環境  
言語 Java
OS AIX
DB DB2
その他 WebSphere、Struts、MQ、ADON、HULFT

一覧に戻る