システム導入研修サービス

システム導入研修とは

シーエーシーが取り扱う主な研修は、システム操作研修です。研修の形式は、リリースの背景や目的、操作性の主な変更点など情報の周知を目的とした「説明会形式」と、利用者も実機を操作することで短時間での操作性向上が見込める「ハンズオン研修形式」に大別されます。
それぞれ形式の特性を理解した上で採用することが重要です。

全国の拠点で研修を行うには

「説明会形式」と「ハンズオン研修形式」のどちらを採用すべきかは、研修の目的やシステムの難易度、対象者数などによります。以下の「適切な研修形式の選択」が1つのガイドラインです。

適切な研修形式の選択

適切な研修形式の選択
当社では、最適な研修形式をご提案させていただくとともに、お客様の推進部門に代わって、以下の作業をさせていただくことも可能です。
  • 研修目的、対象人員、対象拠点などに合わせた研修計画の作成
  • 企業独自の用語や環境設定を取り入れたオリジナルのテキストや教材の作成
  • 研修後、受講者の疑問を解消するためのヘルプデスクの設置
  • 録画した研修をもとにしたeラーニングコンテンツの作成

全国の拠点で研修を行うには

全国の支店や工場、営業所で研修を行う場合は、綿密な研修計画作成と体制構築が必要です。 拠点が多い場合には、同日に同一の研修が行えるよう、講師も複数チームを編成します。 また、研修の運営をサポートするために、研修期間中はバックオフィスを設置することを推奨します。

  • ハンズオン形式・説明会形式のどちらにも対応可能です。
  • システム開発チームとの連携により、貴社本拠地と同様の研修環境を全国拠点に用意することができます。
  • 拠点数が多数の場合は、複数チームによる並行研修を実施します。
  • 東京(または貴社本拠地)に、研修実施のバックオフィスを設置し、実施時のサポートを行います。

研修実施を支えるプラン

お客様からの声を反映し、以下のプランを用意しました。

  • 研修実施を支えるプラン
  • 研修実施を支えるプラン

プランに含まれるもの

作業項目 プラン 備考
1day定額 スマート
作成方針検討会議 2時間※ 1~1.5日間※ 研修の目的、対象者の属性や数、全体スケジュールなどの打ち合わせ
システムの内容把握 3時間※ 0.5~1日間※ お客様からのシステム概要や捜査に関するレクチャーの受講や受領資料の読み込みによる内容把握
研修カリキュラム作成 1種類※ 1種類※
(オプションにて追加可)
研修の時間配分と研修形式、説明内容、留意事項をまとめた資料の作成
研修マニュアルの作成   (オプションにて作成可) 研修での説明順にシステム操作を解説したマニュアルの作成
研修補助資料作成   WordまたはExcelでA4で2ページ※(最大) 研修実施時に受講者に配布する入力事例などの補助資料の作成
講師用補助資料作成   10スライド※
(オプションにて追加可)
オープニングやクロージング、研修の背景、目的、システム概要など説明補助のために必要とするスライドの作成
会場設営   (オプションにて実施可)※ 研修で必要とする機器や備品の手配とそれらの会場への設置、起動確認
リハーサル実施   (オプションにて実施可)※ 研修本番前に、研修と同様の説明を通して実施
研修実施 1日間※ 5~10日間※ 研修の実施
  • プランに含まれるもの

研修実施までのスケジュール

システム導入に伴う2、3時間のハンズオン研修を1日2回、5日間実施する場合のスケジュールの目安です。
シーエーシーにお任せいただければ短時間で実現できます。

研修実施までのスケジュール目役図

このサービスのお問い合わせ